ワインの味を高めるための正確なピペッティング - メトラー・トレド

ワインの味を高めるための正確なピペッティング

ワインの味を高めるための正確なピペッティング
ワインの味を高めるための正確なピペッティング

北カリフォルニアの定評あるワインメーカー/販売店の研究者は、ワイン発酵コストの削減に役立つ、または完成したワインの好ましい特性を増やすために役立つ可能性がある市販の調製済み酵素の性能テストを行っています。たとえば、ペクチナーゼはブドウなどの植物の細胞壁を分解し、果物の浸漬時に遊離する果汁と色素分子の量を増やします。そのような酵素のピペッティングの際、研究開発チームはレイニンピペットを使用して、精度と再現性を向上しています。

フレーバーの添加

製品開発段階の作業では、調香師はレイニンピペットを使用して、生産したワインまたはスピリット製品にフレーバー分子を添加します。さらに、調香師は有機合成を使用して、望ましいフレーバー(「ブルーベリー」や「熟成したウィスキー」など)のエッセンスを与える分子を生成します。フレーバー分子を生成品に添加するには、最初に大量生産された一般的なワインまたはスピリットを取り、飲料のフレーバープロファイルに大きな影響を与える可能性がある化合物を添加します。ワインとスピリッツでは、調香師がテルペノイド、ノルイソプレノイド、フェノール分子などの分子の濃度を調整して幅広く試作品を作成し、その後に味覚テストを行います。個々の試作品のおいしさに基づいて生産を開始する製品を決定します。

試作品の開発段階でフレーバー分子を添加する必要がありますが、多くのワイナリーでは製品にフレーバー化合物を添加していません。代わりに発酵条件を変化させることで、製造時に適切な濃度のフレーバー分子が生成されます。したがって、調香師はフレーバー物質のプロファイルをワイナリーまたは蒸留所の品質管理グループに伝え、フレーバー化合物が正しい濃度に達したかどうかを確認できるようにします。

精度が不可欠

レイニンピペットは、1000分の1から1兆分の1の最終濃度範囲で分子をワインに添加するために使用されています。過去に使用していたガラスシリンジと比較すると、レイニンピペットによってフレーバー分子の液体処理が容易かつ迅速になります。これは大幅な精度向上には不可欠です。たとえば、ある化学者は大容量の10mLから低容量の20μLまで、幅広いピペットを使用していることを報告しています。レイニンピペットに変更することで、精度、再現性、そして何よりも効率が劇的に向上し、重要な作業、つまり素晴らしいカリフォルニアワインを作り出すことに集中できるようになったとこの化学者は考えています。

 
 
 
 
 
 
 
Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.