自動合成機とIn Situ分析 - 製品 - メトラー・トレド

    自動合成機とIn Situ分析

    化学合成、プロセス開発、粒度測定

     

    ラボからプラントまで対応する化学プロセス開発ツール

    パーソナル有機合成装置は、 従来の丸底フラスコまたはジャケット式ラボ用リアクタに取って代わります。 これにより 、有機合成の研究者は新しい反応条件の検討や、革新的な化成品を開発できます。  エンジニアは、これら次世代の全自動ラボリアクタ(ALR)システムを使用してリアルタイムに反応熱量と熱的データを測定し、プロセス安全性の理解と制御に活用できます。

    人の手による操作が不要で、スラリーを含め、完全に 自動化された化学反応サンプリングが可能なため、反応測定中にサンプルを採取して、貴重な情報を得ることができます。 EasySamplerは独自の特許取得済みサンプリングプローブを使用して、反応状態でのサンプルをクエンチするので、プロセスを代表的するサンプルを採取し、正確な分析データを取得できます。 

    In situによる全反射減衰(ATR)フーリエ変換中赤外分光光度計(FTIR)を使用した反応解析では、反応中の主要な化学種のリアルタイムモニタリングが可能です。 これらのツールを用いて、反応の進行、反応開始、反応率、中間体生成、反応終点をモニタリングすることによって、反応プロセスが最適化されます。 インライン反応解析によって得られる情報や知見は、バッチ反応や連続フローケミストリーの開発に役立ち、化学反応のスケールアップ検討にも有用です。

    粒子サイズおよび形状のインライン解析では、科学者やエンジニアがプロセスに存在する粒子、結晶、液滴の変化の速度とその度合いを追跡できます。  粒子の変化の過程をリアルタイムにモニタリングすることにより、エンジニアはバッチ間差の追跡、終点の検出、下流プロセスのスループットおよび製品品質の最適化を行えます。 

    インラインプロセス分析技術(PAT)は、重要なプロセスパラメータと品質特性を追跡し、Quality by Design(QbD)の要件に対応するためのプローブベースの機器です。 ラボ用 PAT 機器は、品質プロセスの設計に役立ちます。 プラント用 PAT ツールは、プロセスのモニタリングおよび制御が可能です。

    シンプルで使い勝手のよいソフトウェアはすべてのテクノロジーを容易に統合でき、データの取得、実験データの表示と理解、レポートの作成、バッチ間や実験間の比較を行うことができます。

     

     
     
     
     
     
     
     
    Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.