二酸化炭素モニタリングにおける高い信頼性 - メトラー・トレド

二酸化炭素モニタリングにおける高い信頼性

ビールの口当たりや泡は、消費者にとって味と同じくらい重要です。溶存二酸化炭素の濃度をモニタリングおよび制御することで、期待どおりのビールの見た目や泡立ちを消費者が体験できるようになります。そのため、ビール工場において炭酸飽充制御および充填ラインなどでのインラインCO2測定が一般的に行われています。

CO2 測定方法
インライン CO2 測定システム市場では、圧力/温度 (p/T) 方式と熱導電率 (TC) 方式の2 つの測定方法に基づくセンサがシェアの大半を占めています。これらの手法は醸造業界では十分に確立され、国際醸造分析標準化委員会によって推奨されています。p/T ベースのセンサによる測定は正確ですが、サンプル回収や戻り用の可動部品などを含み、それらの定期的なメンテナンスが必要です。

熱導電率測定の利点
熱導電率ベースのセンサの主な利点は、可動部品がまったくない点にあります。センサチャンバー内に CO2 熱導電率を測定する熱導電率測定チップが内蔵され、CO2 の分圧を測定できます。

パージガスおよび膜の問題に対するソリューション
熱導電率ベースの CO2 センサの性能は 2 つの重要な要素によって決まります。その要素とは、運転に必要な空気エアパージの供給が安定していることと、熱導電率チップと被検液(ビール)分離を隔離する CO2 透過膜の完全性です。パージガスの供給量が減少したり、膜が劣化すると、CO2 測定の結果が不正確になります。通常、ビール中の溶存 CO2 濃度に実際に変化があったのか、それとも CO2 測定システムに問題があるのか、その違いを見分けることは難しく、CO2 添加量を誤ってしまう場合があります。その結果、工場の効率が低下し、ビールの品質に影響が出る可能性があります。さらに、膜に不具合があり熱導電率チップが被検液と接触してしまうと高額な修理費用が必要になりますが、メトラー・トレドの新しい InPro 5500i センサは、これらの課題を解決しました。

インテリジェントセンサマネジメント
溶存 CO2 センサ InPro 5500i は、メトラー・トレドのインテリジェントセンサマネジメント (ISM) 技術を搭載しています。ISM のコンセプトは、センサ取扱いの簡素化、信頼性向上、センサのライフサイクルコスト削減にあります。ISM の大きな特徴は、センサの状況を常時モニタリングする予測診断ツールにあります。InPro 5500i のこれらのツールを使用すると、パージガスの供給または膜の完全性が低下する場合に警告が出るため、状況がさらに悪化しないよう是正措置を講じることができます。問題が続く場合は、熱導電率測定チップの動作も停止させ、チップの損傷を予防します。

簡単な操作およびプロセス稼働時間の増加
InPro 5500i センサは、実績のある測定方法にユニークな ISM コンセプトを組み合わせたことで、簡単な操作とプロセス稼働時間に関して大きなメリットをもたらします。

 
 
 
 
 
 
 
Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.