分析測定の躍進 - メトラー・トレド

分析測定の躍進

分析測定の躍進
分析測定の躍進

ヘッドマウントタイプの温度変換器はここ数十年来、砂糖、澱粉、酵母工場でよく見かけるものになりました。しかし、分析センサの校正にはキーとディスプレイのある変換器が必要であり、今まではヘッドマウント変換器を分析センサ用に利用することはできませんでした。

砂糖、澱粉、酵母の生産工場にはさまざまな機器があり、そのほとんどは「fit-and-forget(取り付けたら忘れることができる=取付け後メンテナンスがほとんど不要な)」タイプです。 目立たないデザインで、現場にインターフェイスがないため気が付かれないことが多いのがこのタイプです。

一方で分析センサは頻繁に校正する必要があるため、キーとディスプレイを含む大きな変換器が必要です。メトラー・トレドはこの習慣を変え、新しいM100という、世界初の小型ヘッドマウントタイプの分析測定用変換器を提供することが可能となりました。

知能が鍵
メトラー・トレドの強力なインテリジェントセンサマネジメント(ISM®)技術により、初めてヘッドマウント変換器が分析測定センサにも応用されました。 この新しいアプローチにより、メトラー・トレドは非常に小さくて操作しやすい、pH / ORP、導電率、酸素の測定ソリューションを提供することができました。

プラグ&メジャーによりディスプレイが不要
現場機器のこのような飛躍的な進歩を実現するのがISMの技術です。ISMにより、試験室や管理室など、プロセスから離れた便利な場所でのセンサ校正が可能になります。 センサに校正値を保存させることにより、校正済のセンサを現場で迅速に交換することができます。 このプラグ&メジャーという機能を利用して、測定ポイントの立ち上げを素早く、エラーなしで、特にノウハウがなくても実施することができます。プラグ&メジャーにより、M100には現場のインターフェイスが不要です。

本質安全防爆
この新しい2線式変換器シリーズは、食品、化学薬品、製薬業界用に設計され、危険区域内に設置できる本質安全防爆の認証を取得しています。

オンラインセンサ診断
HART®プロトコルを通じて、M100は変換器の設定だけでなく、ダイナミックライフタイムインジケータ(DLI)、適応校正タイマー(ACT)などのISMの高度なセンサ診断情報の統合も可能で、センサの「健康状態」のデータをリアルタイムでご提供します。 これらのツールにより予防的メンテナンスが可能となり、工場稼働時間、測定ポイントの信頼性、プロセス効率と安全性の最大化を保証します。

AMS(Emerson)、PDM(Siemens)などの資産管理ツールおよびFDT/DTMオープン規格への対応において互換性が高く、センサ診断の遠隔アクセスを可能にします。

 
 
 
 
 
 
 
Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.