正しい人間工学的ピペッティングで反復性負荷損傷を予防 - メトラー・トレド

正しい人間工学的ピペッティングで反復性負荷損傷を予防

正しい人間工学的ピペッティングで反復性負荷損傷を予防
正しい人間工学的ピペッティングで反復性負荷損傷を予防

 

人間工学的なピペッティングは、反復性負荷損傷 (RSI) の低減と予防のために大変重要です。メトラー・トレドは、ビデオや技術資料、ポスター、クイズなどを通じてお客様の RSI リスク削減に努めています。

 

繰り返し行われるピペッティングは、RSI (Repetitive Strain Injury、反復性負荷損傷) を引き起こします。こうしたリスクをより深く理解し、低減していただくために、メトラー・トレドは新しいウェブページを設けました。このページではダウンロード可能な技術資料(ホワイトペーパー)、ビデオ、そしてピペットユーザーのために特別に作成した、ストレッチ体操のイラストつき「ストレッチ!」ポスターをご紹介しています。

ピペッティングに関連する潜在的な問題は、人間工学を専門とする科学者の論文に近年数多く発表されています。これらの研究に共通しているのは、ピペッティングは強い力を必要とする反復作業であり、ピペッティングと反復性負荷損傷の発症には密接な関係があるというテーマです。事実、1 日にわずか 1 時間ほどのピペッティングも、1 年間続けると RSI を発症するのに十分に危険な状態に身をさらすこととなり、作業量と年齢によってこの危険性は飛躍的に増大します。

リスクの発生源を知ることによって、この健康上のリスクを減らし、あるいは排除することさえ可能になります。

役立つツールをぜひご活用ください。

 
 
 
 
 
 
 
Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.