実践的なリスクベースの考え方
GWP検証サービス

計量器は、部品やコンポーネントの品質向上および生産プロセスでのリスク解消に役立ちます。このリスクには製品の不良や機能不全、不完全なサービスなどが含まれ、顧客の不満やメーカーの悪評につながります。新たなISO 9001の2015年改訂はリスクベースの理念を最新改訂版に導入することで、全世界でこれらの問題を解消し一貫した品質を保証することに貢献します。          

ISOによると、メーカーが総合的なリスク分析に基づく改善の機会を活用すると、リスクの特定と管理は生産の品質向上に役立ちます。品質管理の要点の1つとして計量を採用しMETTLER TOLEDOのGWP®方法論に準拠することで、リスクベースの品質管理を生産現場に適用し生産リスクを解消できます。Good Weighing Practice™(GWP)は、計量機器の確実な選定、操作、校正のための標準化された科学的な方法論です。

GWPでは、以下を行なうことでISO 9001の2015年改訂に準拠できます。

  • 品質リスクの削減。 計量を部品やコンポーネント生産の品質管理チェックポイントとして導入します。
  • 適切な機器の選定。 個別の要件や許容誤差に従って機器を選択します。
  • 専門技術者による設置。 始めから正しく計量し、不適切な処理や誤った測定による生産リスクを削減します。
  • 包括的な校正計画の作成。計量機器の耐用期間を通じて計量結果の誤りのリスクを削減します。
  • 有意義な検査のみの実施。検査を行なうタイミングと、どこで過剰な検査を減らしコストを節約できるかについて、詳細をご覧ください。

生産プロセスでのリスクベースの考え方の重要性について詳しく知るために、アプリケーションノートを是非お読みください。品質管理のISOコンプライアンスに役立ちます。

Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.