CSN810 TableTop™ - 概要 - メトラー・トレド

CSN810 TableTop™

手動オペレーションの向上

CSN810は、貨物の寸法、重量、IDを取り込むために設計されたコンパクトで堅牢なワークステーションです。データの統合や転送が容易であるため、計量、測定、バーコード読み取りの各作業を別々に行う必要がありません。測定プロセスを自動化するため、CSN810では正確で信頼性の高い測定結果を迅速に収集でき、効率性や収益回収率の向上が実現できます。 

CSN810 TableTop™
価格に関するお問い合わせ
仕様 - CSN810 TableTop™
精确度 ±5mm
処理能力 約400個/時
小包形状 長方形で固体の貨物
インターフェイス シリアル4ポート、9ピンメスDsub RS232 CS2200LXディスプレイはいずれのポートにも接続可能。 <br>TCP/IP2ポート 10/100Mbpsイーサネット、RJ45メス:2系統
付属ソフトウェア OCTO™ DataCaptureソフトウェア
最大測定長 1150 x 750 x 700mm
電力供給 AC100V 50/60Hz
測定時間 最長3秒
品名 CSN810 TableTop™,Cargoscanner

特長と利点


生産性の向上 
オーバーヘッドの寸法測定センサ、内蔵された計量機能、信頼性の高い識別機能などにより、小規模/中規模の業務における貨物処理を効率化できます。オペレーターがバーコードをスキャンするだけで、寸法や重量のデータが自動的に収集され、転送されます。

統合が簡単
ローラーコンベアと合体させることができ、ITシステムとの通信もシームレスに行えるため、CSN810はあらゆる運用要件に応じて容易に統合化し、カスタマイズできます。 標準タイプと、大型貨物を柔軟に取り扱えるXLタイプからお選びいただけます。 

繰返し性があり正確な結果
安全で実績あるレーザー測距器テクノロジーにより、数千ものデータポイントを収集し、正確で繰返し性の高い測定を実現します。貨物は容易に寸法測定装置の下のどんな位置にでも置くことができるため、操作が簡単でアクセスが制限されることはありません。

わかりやすく、優れた操作性
CSN810は設計がシンプルなため、オペレーターのトレーニングに手間がかかりません。わかりやすいグラフィックインターフェイス、収集データを識別しやすい色分けされたディスプレイ、貨物を自由に取り扱いできるワイヤレスの携帯型バーコードリーダーなどが特長です。



           

関連文書

データシート

Technical Manuals

アクセサリ

お見積もり依頼
CSN810 TableTop™