ピペット校正 | メトラー・トレド
ピペット校正

ピペット校正

ピペット検査用から校正サービスまでの個々のソリューション

ピペット校正のFAQ

ピペット校正とGood Pipetting Practiceについてよく寄せられる質問の回答を、以下からご覧いただけます。

ピペット校正とGood Pipetting Practiceについてよく寄せられる質問の回答を、以下からご覧いただけます。


ピペットとは何ですか?

ピペットとは、測定された少量の液体サンプルを吸引し吐出して正確に移すための研究室用ツールです。現在使用されている大半のピペットはピストン式で、液体の上に部分真空が生じて液体を吸い上げ、これにより機械的構造との接触を回避します。

詳細情報: レイニンピペット

校正済みピペットとは何ですか?

ピペットは、認証を受けた機関が、想定容量に対してピペットで分注される実際の容量を関連する測定の不確かさを考慮して測定することで校正されます。校正により、ピペットがメーカーまたはISO8655の仕様の範囲内で引き続き正確な結果を出せることが実証されます。許容範囲外のピペットは、多くの場合、修理、調整、再校正します。
詳細情報: レイニンピペットサービス

ピペットはどこで利用されますか?

ピストン式ピペットは一般的に化学、生物学、分析、医学の分野で使われます。多くの場合、少量の液体サンプルを正確に採取して移す必要があります。移したサンプルは、希釈、調査、分析などの作業に使用します。

ピペットの使用方法は?

以下に、ごく一般的なピペッティングテクニックとピストン式ピペットのエラー、それらを回避する方法を紹介します。

  1. チップの誤った浸入深さ
    チップを正しい深さで浸すことで、精度を最大5%改善できます。チップの大きさに合わせ、微量ピペットでは1~2mm、通常容量のピペットでは最大で3~6mmの深さでチップを浸します。チップを深く浸しすぎると、チップ内の気体が圧縮され、液体の吸引量が多すぎる原因になります。

  2. 誤ったピペッティング角度
    サンプル中のピペットチップの浸入角度はできる限り垂直に近づけ、垂直から20度以上傾けないでください。角度が水平に近づくとチップ内に引き込む液量が多すぎて、不正確な吸引につながります。例えば垂直から30度ずれると、吸引される液量が最大0.7%多すぎる原因になります。

  3. 一貫性のない分注
    高い精度と再現性のあるサンプリングを実現するには、最後に残った液滴まで完全に吐出し、チップ先端に液の付着がないようにします。大半のアプリケーションで、チップ先端を容器の壁に置きながら吐出することをお勧めします。この方法でチップ内のサンプルの残りを減らし、またなくすことができます。このテクニックにより、精度を1%以上改善できます。

  4. プレリンスを行わない
    ピペットから液体を吐出すると液の薄膜がチップ内に残り、排出される容量が本来の量より僅かに減ります。これから使用する液で新しいチップを2回以上すすぐことで、チップ内の状態が整えられます。

  5. 一貫性のないリズムのピペッティング
    サンプリングのたびにピペッティングを一定のリズムで行います。急いで操作するのを避け、ピペッティングサイクルの各手順を一定のリズムで行います。

    詳細情報: Good Pipetting Practice

ピペット精度のチェック方法は?

校正と校正の合間にピペット精度を定期的に検査し、校正の合間に許容範囲外の結果が生じるのを避ける必要があります。ピペットを検査するには、正確な分析天びんに置いたビーカーに規定容量以上の容量を4~6回以上分注し、ISO8655の式を使用してその平均容量と偏差を計算できます。内蔵アプリケーションまたはPCソフトウェアを使用する天びんでは、合否判定が数秒で自動的に得られます。

詳細情報: ピペット校正

ピペット校正のチェック方法は?

校正と校正の合間にピペット精度を定期的に検査し、校正の合間に許容範囲外の結果が生じるのを避ける必要があります。ピペットを検査するには、正確な分析天びんに置いたビーカーに規定容量以上の容量を4~6回以上分注し、ISO8655の式を使用してその平均容量と偏差を計算できます。内蔵アプリケーションまたはPCソフトウェアを使用する天びんでは、合否判定が数秒で自動的に得られます。 

ピペット校正が重要な理由とは?

ピペット校正では想定量と実際の量の差が示され、その差が所定の許容範囲内に収まる必要があります。許容範囲外のピペットは、誤った希釈を生成し最終的に不正確な分析結果につながります。これにより結果を再現できず、分析全体をやり直されなければなりません。許容範囲外のピペットを早期に見つけるには、校正と校正の合間にもピペット精度を検査して、次回の校正で最初に許容範囲外が検出されるのを避けることをお勧めします。

ピペット校正とは何ですか?

ピペット校正では、認証を受けた機関が、想定容量に対してピペットで分注される実際の容量を関連する測定の不確かさを考慮しながら測定します。校正により、ピペットがメーカーまたはISO8655の仕様の範囲内で引き続き正確な結果を出せることが実証されます。許容範囲外のピペットは、多くの場合、修理、調整、再校正されます。

ピペットの洗浄方法は?

ブランドにより材料抵抗が異なるため、洗浄を始める前に、まずメーカーのマニュアルを必ず参照してください。適切に洗浄するために、ピストン式ピペットを分解する必要があります。多くの場合、チップイジェクタアームとシリンダは手で簡単にねじって外し、ピペットを開けることができます。注意事項: ばねの圧力でパーツが飛び出す可能性があります。パーツを洗浄するには、通常、蒸留水を使った低刺激の石鹸水に軽く浸した布を使うか、イソプロピルアルコールまたはエタノールの溶液を使用します。液がシャフトに入らないようにして、ピペッティングの際にも ピストンとシールが汚染することを防ぎます。殺菌または高圧蒸気滅菌については、目的のピペットモデルでこれらを実施できるか、およびその方法について、マニュアルを参照してください。洗浄後に、ピペットを検査して許容範囲内にあることを確認してください。通常は、サービス作業の後にサービス技術者が校正を実施し、ピペットが許容範囲内にあることを確認します。

ピペット校正ソリューション
ピペット校正手順

ピペット校正

天びんを使用したピペット校正(ISO8655準拠)

数分で完了するクイックチェックから日常の専門的な性能点検まで可能なソリューション。使用するピペットの状態をいつどこでも追跡可能にするRFIDとソフトウェアによりサポートされます。
メトラー・トレドの定評ある計量とプロセス指向のソフトウェアの組み合わせにより、効率的で信頼性の高いISO8655準拠のピペット校正手順が可能になります。
技術仕様
ひょう量: 最大220g、最小表示: 0.01mg
ピペット校正範囲
20µl~10ml
モイスチャートラップ
により蒸発を防いで結果を向上
ガイド付き操作
迅速で一貫したピペット校正
GPP - Good Pipette Practice
SOPに準じた定期チェックは短時間(数分)で完了します
RFIDによるピペットのトラック
迅速で信頼性の高いピペットチェック
技術仕様
ひょう量: 最大220g、最小表示: 1µg
ピペット校正範囲
1µl~10ml
モーションセンサトラップ蓋
ミクロピペット使用時でも再現性のある最適な結果
プロセス操作
プロフェッショナル対応、Calibryソフトウェアによる監査証跡
法規制コンプライアンス
ISO8655または他の定義済みカスタムメソッドに準拠
レポート
Calibryソフトウェアにより規制に準拠した追跡可能なレポートを作成
ピペット校正ソリューション

数分で完了するクイックチェックから日常の専門的な性能点検まで可能なソリューション。使用するピペットの状態をいつどこでも追跡可能にするRFIDとソフトウェアによりサポートされます。

ピペット校正手順

メトラー・トレドの定評ある計量とプロセス指向のソフトウェアの組み合わせにより、効率的で信頼性の高いISO8655準拠のピペット校正手順が可能になります。

サービス

サービスプログラムの紹介 - 固有の機器に適合する特注サービス

メトラー・トレドは、設置から予防保守、校正、機器の修理まで、お客様の測定機器のライフサイクル全般にわたって、サービスサポートをご提供します。

ダウンタイムの最小化
サポート ・ 修理
機器のパフォーマンス
メンテナンス・最適化
コンプライアンス
校正・品質管理
専門知識の提供
トレーニング・コンサルティング
Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.