車両用スケールの精度と校正(英語版) - メトラー・トレド
ホワイトペーパー

車両用スケールの精度と校正(英語版)

ホワイトペーパー

現在使用しているトラックスケールの精度は正確に稼働している保証はありますか?標準的な校正では、計量エラーを限られた範囲で防ぐことしかできません。たとえ小さな不正確さであっても、時間の経過とともにそれは大きな損失につながります。

このホワイトペーパーでは、計量技術から計量時の環境にいたるまで、何が車両用スケールの精度に影響を与えるのか、そしてそのような影響から測定を保護するために何ができるかについて解説します。

トピック:

  • 精度と校正
  • 法規制に準拠した校正スケジュール
  • 検証と許容誤差
  • メンテナンスと計量の信頼性
  • ロードセル技術とスケール精度

時折、お客様から、月末に帳尻が合わないという話を聞くことがあります。計量の記録や在庫のレベルを確認してはじめて、失われた製品や収益の損失を意味する食い違いが発生していることに気づきます。これによって、記録に残るエラーや、ほぼ問題が明らかにならない計算を苛々しながら探すはめになるでしょう。

しかし車両スケールのユーザーの多くは、はかりの精度について疑問を持つことはありません。これは、ほとんどの地域で一般的なはかりに対しては、定期的な再校正や承認が必要な規制があるからです。しかし、一般的な車両スケールで用いられている精度の許容値には、各計量作業で発生する小さな計量エラーを見逃す余地がまだあるのです。ひと月の間に計量作業が急増した場合、校正済みのはかりでさえ、大容量の計量が重なることによりトラックの積み荷全体が失われる可能性もあります。

なぜ許容値はこれを見逃してしまうのでしょうか?昔からある規制の場合、数十年前の技術の性能を今でも反映しています。実際、はかりメーカーの多くは今でも1980年代に開発されたロードセル技術を使用し、初期費用は安くても、現代のビジネスで要求される精度は妥協している場合がよくあります。

一方、メトラー・トレドは他社に先駆けて高度な計量テクノロジーを開発し、車両スケール向けの大ひょう量ロードセルPOWERCELL®シリーズを世に送り出しました。フィールドサービスに関するデータの調査からは、高度なテクノロジーによってはかりの性能が実際に日々向上していることが分かります。はかりのユーザーにとって、これは計量エラーの事実上の排除と、収益の向上、そして月末の頭痛の種の削減につながります。

車両スケールの精度と、計量オペレーションを向上させるためにできることについて、もっと詳しく知ることが大切です。車両スケールの精度に関する新しいホワイトペーパー(技術資料)では、はかりの技術、校正手順、計量の規制について詳細な説明をしています。

Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.