化学産業における反応熱量測定 - メトラー・トレド
オンデマンドウェビナー

化学産業における反応熱量測定

オンデマンドウェビナー

化学プロセスにおける反応熱量測定のアプリケーション

このウェビナーは、化学プロセスにおける撹拌および反応熱量測定のアプリケーションと重要性に焦点を当て解説しています。スケールアップの基礎に関する業界のケーススタディをいくつかご紹介します。

この撹拌と反応熱量測定のプレゼンテーションでは、Ray Machadoが幅広い技術トピックについて情報を提供し、これまでに得られた経験をご紹介します。

  • 化学反応のスケールアップ
  • マストランスファーとヒートトランスファー
  • 応用反応熱量測定
  • 水素化
  • プロポキシル化
  • 酸化
  • 重合
Ray Machado PhD, Air Products & Chemicals, Inc., rm2 Technologies LLC
37分
English

反応熱量測定は、物理的影響と化学反応をプロセスと同様の条件化で評価し、反応および熱化学の反応速度論についての情報を提供します。

このプレゼンテーションは次の方にお勧めします:

  • 化学、石油化学、製薬業界ならびに学界の化学エンジニアおよび化学者。

プレゼンター
Ray Machado氏は、撹拌技術の適用に重点を置く、rm2 technologies LLC社の社長です。また、Air Products and Chemicals, Inc.社にも籍を置いており、気液反応エンジニアリングを専門とするシニアコンサルタントを務めています。多数の技術開発および応用チームを管理し、応用リアクタエンジニアリング、化学反応プロセスのスケールアップ、物質移動、ヒートトランスファー、反応熱量測定を行います。   Machado氏はウィスコンシン大学マディソン校で化学工学の博士号を取得しました。リーハイ大学で非常勤講師を務めており、現在はスケールアップの基礎について工業コースを教えています。  17の特許を保有し、17の出版物に協力しています。 

Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.