食品生産性ガイド
ガイド

食品生産性ガイド: 改善に役立つ16のポイント

ガイド

業務バリューチェーン全体にわたり、計量は根本から製造の生産性に影響を及ぼします。

適切な計量テクノロジー、生データの適切な処理、製造計画システムやプラント自動化システムへの簡単な接続性を効果的に選択することは、エンジニアリング、製造、品質管理を効率的に行う際の基本的な要件です。

食品生産性ガイドの第3版では、5つの重要なエリアにおける生産性向上を目的としてメトラー・トレドがサポート可能な16の方法を紹介します。

✓ 材料の受け入れ

✓ 在庫管理

✓ 製造

✓ 包装と充填

✓ 物流

ガイドではこの5つのエリアで改善できるポイントを特定し、プロセスの改良、適切な機器の選定、適切な基本業務手順(SOP)と校正手順の策定を実施するための提案を幅広く示しています。リソースを投入すべき正しい分野の特定と情報に基づく意志決定を行うため、チェックリストとROI(投資回収率)カリキュレータも記載されています。

食品製造における役割にかかわらず、メトラー・トレドには役に立つソリューションと専門知識が揃っています。このガイドでは生産性向上という大きな目標をわかりやすいトピックに分類し、食品業界で重要な役割を担っている方のためになる改善ポイントを提案しています。ガイド全体をご覧いただき、全体最適化の確認をし、最も影響を与えられるエリアに関する知見を獲得してください。

Library Literature