グローバル市場への適合 - メトラー・トレド
ケーススタディ

グローバル市場への適合

ケーススタディ

イッラーティッセンへのR-Pharmの統合ソリューション

高分解能カメラ
高分解能カメラ

イッラーティッセンにあるR-Pharm Germany GmbHは契約製造組織(CMO)として事業を営み、顧客のために医薬品を製造して包装し、その後15以上の国に卸しています。 シリアル化や統合を要求する市場へ医薬品を供給するために、会社はChrist Packing Systems製の半自動ケースパケット上にメトラー・トレドPCE製のケース統合キットなどのツールを使用しています。
 

早ければ2017年からシリアル化

近年、偽造薬からの保護は医薬業界にとって大きな問題となってきています。 EU規制2016/161によると、2019年以降すべての医薬品包装はシリアル化され改ざん対策デバイスに取り付けられる必要があります。 USAは医薬品サプライチェーン安全保障法(DSCSA)で同様の法律を規定し、早ければ2017年にもシリアル化を始めるように要求しています。 その他の主要な市場ではすでに、製品の著作権侵害から保護するための対策を求めています。 製品を例えば、中国、韓国、またはサウジアラビアに輸出しようとしている会社はすでに、医薬品を統合するように要求されています。   

Main text. Please designate Titles in bold, add line breaks for paragraphs. Donec sed odio dui. Etiam porta sem malesuada magna mollis euismod. Maecenas faucibus mollis interdum. Cras mattis consectetur purus sit amet fermentum. Aenean lacinia bibendum nulla sed consectetur. Maecenas faucibus mollis interdum. Aenean lacinia bibendum nulla sed consectetur. Duis mollis, est non commodo luctus, nisi erat porttitor ligula, eget lacinia odio sem nec elit.

これらの戦略的に重要で大量の需要がある市場の役に立つ意思があるならば、包装を統合するための安全で柔軟な技術ソリューションが必要となります、」

と、R-Pharmのエンジニアリングプロジェクト担当取締役、Michael Unbehaunは説明し、次のように言葉を続けています。

ここ何年も、当社は医薬品シリアル化と統合の分野でメトラー・トレドPCEと堅固なパートナシップを築き上げてきました。 そして、私たちは共に生産プロセスに焦点を置いた多くの技術開発を実行に移すことができました。 最初の10のシリアル化と統合ラインは2009年に開始されました – 当社が最近メトラー・トレドPCEから別の半自動統合ソリューションを選んだ理由はここにあります。

完全なプロセスのカスタマイズ

R-Pharm Germany GmbHは、Christ Packing Systems製の互換性ケースパケットプラットフォームと組み合わせた、メトラー・トレドPCE製の新しい統合ソリューションである、ケース統合キットでそのサービスポートフォリオを締めくくりました。 このことは、会社が箱、ボトル、小物入れを折りたたむために手動、半手動および完全自動シリアル化および統合を実施できるようになったことを意味します。 その結果、ニーズに応じた柔軟性のある構造のサービス、つまり顧客の生産要件をあらゆる統合のレベルでコスト効率を実現しながら実施できるようになりました。 この最終目標を念頭において、会社は2014年メトラー・トレドPCEおよびケース包装業者のChrist Packing Systemsと協力して、包装の準備ができ、シリアル化され、シールが貼られたパッケージを集中処理できる新しい包装ラインを考案しました。 投資決定に続いて外部のベンチマークプロセスが行われ、さまざまなプロバイダからの技術、コンセプト設計、潜在的支出が分析され比較されました。
 

Related White Papers
このページは、お客様のウェブブラウザ用に最適化されていません。 別のブラウザを使用するか、ブラウザを最新バージョンにアップグレードすることをご検討ください。