細胞のストレス反応研究のためのピペット - メトラー・トレド
 
メニュー
ケーススタディ

細胞のストレス反応研究のためのピペット

ケーススタディ

正確で信頼性の高いストレス反応の研究のための電動マルチチャンネルピペット

すべての生命体は、その生涯にわたって、短期・長期両方のストレスにさらされます。 その結果、細胞のゲノム、エピゲノム、プロテオームは損傷を被る可能性があり、正常な機能を維持するには修復しなければなりません。 しかし、生命体が老化するにつれて、一般的な損傷と、気温や毒素など異常なストレスの両方に対応する能力が失われていきます。

カリフォルニア大学バークレー校のDillin研究室の研究は、生命体が細胞レベルでどのようにストレスに反応し、その影響を軽減しているか、また、老化した生命体でそのような反応を高める方法について、焦点を当てています。 特に、この研究では、より健康的な老化を促進するために、ストレス反応の低下に直接関連する加齢に伴う病気の発生、とりわけ、糖尿病と癌を削減する方法を探っています。
 

カリフォルニア大学バークレー校、Dillin研究室のRyo Higuchi-Sanabria博士
カリフォルニア大学バークレー校、Dillin研究室のRyo Higuchi-Sanabria博士

対象のストレス関連遺伝子がスクリーニングによって特定されると、Higuchi-Sanabria博士は同僚とともに定量PCRを用いて遺伝子の発現がスクリーニングされた線虫で本当に「ノックダウン」されたことを確認します。 シー・エレガンスの何千もの遺伝子を考えると、ライブラリの準備、スクリーニングの設定、対象遺伝子の検証にはすべて大量のピペッティングが必要になります。このため、Dillin研究室では、これまでメトラー・トレドのレイニンのマルチチャンネルピペットが大いに活躍していました。

2018年、メトラー・トレドは初めてのSupporting Scienceコンテストを開催し、受賞者には希望するピペットを提供しました。 Higuchi-Sanabria博士は、以前にDillin研究室のマネージャであるLarry Joe氏にレイニンのマルチチャンネルピペットを追加購入することについて相談していました。 博士は特に、ラックのマイクロチューブと96または384ウェルプレート間でサンプルを移動するために使用できる、幅調節可能なマルチチャンネルピペットと、PCRストリップとウェルプレート間で限度サンプル(3~12µL)を正確に移動できる2~20µLマルチチャンネルピペットに関心がありました。
 

関連資料
Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.