ポリマーの熱分析に不可欠なアプリケーション
ガイド

ポリマーの熱分析 – 厳選されたアプリケーション

ガイド

熱可塑性樹脂、熱硬化性樹脂、エラストマーの特性評価のための手法

このハンドブックには、ポリマー分析から最良の結果を得るために役立つ有用な例が含まれています。
このハンドブックには、ポリマー分析から最良の結果を得るために役立つ有用な例が含まれています。

このハンドブックでは、ポリマーの熱分析、特に熱可塑性樹脂、熱硬化性樹脂、エラストマーの特性評価に使用する手法のアプリケーション例を紹介します。これらの手法を使用することで、物理的特性、転移、経年変化、また充填剤、添加剤、製造手法の影響など、材料の多くの側面に関するデータを取得できます。

 

どの手法をどの効果に使用しますか?

最も一般的な用途と測定する熱的事象とともに4つの主な手法を紹介します。

  • 示差走査熱量測定(DSC)– ガラス転移、融解、反応エンタルピー、充填剤の影響。
  • 熱重量分析(TGA)– 含有量分析、熱安定性、蒸発挙動。
  • 熱機械分析(TMA)– 材料の膨張または収縮。
  • 動的機械分析(DMA)– 材料の粘弾性挙動。

メトラー・トレドの熱分析の専門家チームによるこの無料ハンドブックで、材料に適したアプリケーションを見つけてください。