溶存酸素(DO)センサの定期メンテナンス - メトラー・トレド

溶存酸素(DO)センサの定期メンテナンス

有資格者による適格な診断とサービス


溶存酸素センサのO-リングは、使用環境と使用頻度により日々劣化します。特にインテリアボディ部分のO-リングの劣化は、電解液のインテリアボディ側への逆流へとつながる場合があります。さらに劣化が進行すると、インテリアボディ部の根本やセンサ本体の奥にまで電解液が浸透することになり、最終的には、センサの修理が不可能になる場合があります。


メトラー・トレドからのサービスプログラムご提案

■ 検出部(インテリアボディ)のO-リング交換
■ 劣化・消耗の度合いにより、その他部品交換
■ センサの動作チェック
■ 検査成績書発行(トレーサビリティ証明書はご希望により発行)
■ 定期メンテナンスのご案内:一年後のメンテナンス時期をお知らせ
 

製造プロセス向け分析機器

このページは、お客様のウェブブラウザ用に最適化されていません。 別のブラウザを使用するか、ブラウザを最新バージョンにアップグレードすることをご検討ください。