分注 - メトラー・トレド

分注

重量法による液体分注

容量法よりも重量法による溶液調製の方が正確であることが広く受け入れられています。

  • 固体と液体の自動分注が可能
  • 薬包紙、メスフラスコなどが不要
  • 溶媒の直接分注により目標濃度を達成可能
  • USP準拠で、より小さなスケールで溶液調製が可能
  • 作成溶液の最適化により、材料コストと廃棄物の削減が可能

分注
分注
Powder dosing
      
粉体化合物の計量作業
1 mg~5 gの自動粉体分注
より...


   
バイアル充填
各種ターゲット容器の自動充填 (1 mg – 5 g)
より...


サンプル調製
HPLC用サンプルの自動調製によるOOS結果の削減
より...

Capsule filling

カプセル充填
各種目標量の自動カプセル充填 (1 mg - 5 g)
より...

アプリケーション

粉体化合物の計量作業
スパチュラは過去のものに

1 mg~5 gの自動粉体分注 毒性のある粉体を計量する場合、貴重な/高価な粉体を計量する場合、同じ物質を10回以上計量する場合

カプセル充填
信頼性のあるカプセル充填

各種目標量の自動カプセル充填 (1 mg - 5 g)

重量法サンプル調製
正確な濃度での溶液調製

HPLC用サンプルの自動調製によるOOS結果の削減

バイアル充填
粉体の繰り返しバッチ充填

各種ターゲット容器の自動充填 (1 mg – 5 g)

粉体化合物の計量作業

1 mg~5 gの自動粉体分注 毒性のある粉体を計量する場合、貴重な/高価な粉体を計量する場合、同じ物質を10回以上計量する場合

カプセル充填

各種目標量の自動カプセル充填 (1 mg - 5 g)

重量法サンプル調製

HPLC用サンプルの自動調製によるOOS結果の削減

バイアル充填

各種ターゲット容器の自動充填 (1 mg – 5 g)

関連文書

ケーススタディ

製薬/バイオテクノロジー向けの容易な自動粉体分注(日本語版)
このケーススタディでは、自動粉体分注装置、クアントスがETC(Enabling Technologies Consortium)のベンチマーク試験に従って、最小目標重量においても正確な卓越した自動粉体分注を実施できるケースをご紹介しています。
Bottling/Filling of Peptides
Peptides play a key role in the growing segment of biopharmaceuticals.
Capsule Filling with Quantos – for pre-clinical trials
Discover how a top pharmaceutical company automated the slow, unsafe and expensive process of capsule filling for their pre-clinical trials.

関連製品

 
 
 
 
 
 
 
Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.