晶析に対する混合の影響 - メトラー・トレド
 
メニュー

晶析に対する混合の影響

撹拌、試薬添加、晶析のスケールアップ

晶析プロセス開発のガイド

異なるスケールでの撹拌の比較
晶析の繰返し性と変化する核化速度

プロセスを最適化する粒子サイズ分析

アプリケーション

温度制御による結晶サイズと形状の最適化のためのアプリケーション

多形識別と多形の制御
結晶多形の理解、プロセスパラメータの影響

多形は、製薬業界やファインケミカル業界における多くの結晶性固体で一般的な現象です。 科学者は、目的の多形体を意図的に結晶化させることで、分離特性を強化し、ダウンストリームのプロセスでの課題を克服し、バイオアベイラビリティを高め、あるいは特許抵触を防ぐことができます。 多形転移と形態転移をin-situおよびリアルタイムに識別することで、予期せぬプロセスの混乱や、スペックアウトの製品、コストの高い原料のプロセスのやり直しなどを排除できます。

結晶特性とプロセスパフォーマンスの最適化

科学者は高価な化合物を再晶析化して、目的の物理特性を持つ結晶生成物を最適なプロセス効率性によって取得します。最適な溶媒の選択から乾燥した結晶生成物の取得まで、適切な再晶析プロセスの設計には7つのステップが必要になります。この再晶析ガイドでは、再晶析プロセスを進める手順を段階ごとに説明しています。再晶析の各ステージでどのような情報が必要かについて解説し、重要なプロセスパラメータの制御方法についての概要も述べます。

Solubility and Metastable Zone Width (mzw) Determination
晶析の構成要素

溶解度曲線は一般的に溶解度、温度、溶媒の種類の関係性を示すのに用いられます。温度と溶解度の関係性をグラフにすることで、科学者は求める晶析プロセスの開発に必要なフレームワークを作成できます。適切な溶媒を選定すると、溶解度曲線は効果的な晶析プロセスの開発にとって不可欠なツールとなります。

Crystal Nucleation and Growth
結晶の核生成や成長の原動力

科学者や技術者は、プロセス中の過飽和レベルを注意深く調整することにより、晶析プロセスを制御できます。過飽和は晶析の核生成や成長の原動力であり、最終的な結晶粒度分布を絶対的に決定付けます。

Measure Crystal Size Distribution
粒度、形状、個数のインライン測定による晶析の改善

インプロセスのプローブベース技術ではサンプリングや希釈を行なう必要がなく、原液濃度で粒度や形状の変化を追跡するために利用されます。粒子や結晶に生じる変化の速度や程度をリアルタイム追跡することで、晶析性能のプロセスパラメータを最適化できます。

晶析における種晶添加プロトコール
バッチ間差を改善するための種晶添加プロトコールの設計と最適化

種晶添加は、晶析挙動の最適化における最も重要なステップの1つです。種晶添加戦略を設計する場合は、種晶サイズ、種晶の量(質量)、種晶添加温度などのパラメータを考慮する必要があります。これらのパラメータは、通常はプロセス速度と希望する最終的な粒子特性に基づいて最適化され、スケールアップや技術移転の際には一貫性を維持しなければなりません。

Oiling Out in Crystallization
Detect And Avoid Oiling Out (Liquid-Liquid Phase Separation)

Liquid-Liquid phase separation, or oiling out, is an often difficult to detect particle mechanism that can occur during crystallization processes. Learn more.

Particle Engineering and Wet Milling
高せん断湿式粉砕における粒子サイズのコントロール

乾式粉砕は大きな収率損失を引き起こす可能性があり、粉塵が発生することから健康や安全の危険も考えられます。これに対して、湿式粉砕は必要に応じて設計された粒度分布の粒子を製造することができます。微小な粒子の中の大きな一次結晶や凝集を破壊するために高せん断湿式粉砕が用いられることが現在一般的です。

貧溶媒の滴下による過飽和
溶媒滴下による結晶サイズと個数の制御方法

貧溶媒晶析では、溶媒の滴下速度、滴下場所、攪拌が、容器やパイプライン内部での局所的過飽和に影響を与えます。科学者やエンジニアは、貧溶媒滴下プロトコルおよび過飽和度を調整することで結晶サイズと個数を変更しています。

温度が結晶のサイズと形状に与える影響
過飽和制御による結晶サイズと形状の最適化

冷却プロファイルは、過飽和と晶析速度に大きな影響を与えます。最適な結晶の成長と核化のバランスが得られるように、結晶の表面積に合わせてプロセス温度を最適化します。高度な温度コントロールにより過飽和を制御することで結晶サイズや形状を変化させることができます。

温度が結晶サイズと形状に与える影響
撹拌、試薬添加、晶析のスケールアップ

晶析装置のスケールや混合条件を変更すると、晶析プロセスの反応速度や最終的な結晶サイズに直接影響を及ぼす可能性があります。 熱や物質移動の影響は、冷却システムおよび貧溶媒システムでそれぞれ考慮することが重要です。このようなシステムでは、温度や濃度勾配により過飽和度に不均等性が生じる可能性があるからです。

化学プロセス開発とスケールアップ
堅牢性が高く持続可能な化学プロセスを設計し、パイロットプラントおよび実生産へのスケールアップを迅速化

堅牢性が高く持続可能な化学プロセスを設計し、パイロットプラントおよび実生産へのスケールアップを迅速化

反応速度論解析
化学反応の速度論解析と反応速度のインライン測定

in situの反応速度論解析では、反応成分の濃度依存性をリアルタイムで示すことにより、反応機構と反応経路の理解を深めることができます。反応開始から終点までの連続的なデータを使用することで、より少ない実験回数で速度論解析を実施することができます。 RPKA(Reaction Progression Kinetics Analysis)では、いくつかの濃度でのin situデータを使用し、実験全体の情報を捕捉することで、完全な反応挙動を正確に記述できます。

多形識別と多形の制御

多形は、製薬業界やファインケミカル業界における多くの結晶性固体で一般的な現象です。 科学者は、目的の多形体を意図的に結晶化させることで、分離特性を強化し、ダウンストリームのプロセスでの課題を克服し、バイオアベイラビリティを高め、あるいは特許抵触を防ぐことができます。 多形転移と形態転移をin-situおよびリアルタイムに識別することで、予期せぬプロセスの混乱や、スペックアウトの製品、コストの高い原料のプロセスのやり直しなどを排除できます。

科学者は高価な化合物を再晶析化して、目的の物理特性を持つ結晶生成物を最適なプロセス効率性によって取得します。最適な溶媒の選択から乾燥した結晶生成物の取得まで、適切な再晶析プロセスの設計には7つのステップが必要になります。この再晶析ガイドでは、再晶析プロセスを進める手順を段階ごとに説明しています。再晶析の各ステージでどのような情報が必要かについて解説し、重要なプロセスパラメータの制御方法についての概要も述べます。

Solubility and Metastable Zone Width (mzw) Determination

溶解度曲線は一般的に溶解度、温度、溶媒の種類の関係性を示すのに用いられます。温度と溶解度の関係性をグラフにすることで、科学者は求める晶析プロセスの開発に必要なフレームワークを作成できます。適切な溶媒を選定すると、溶解度曲線は効果的な晶析プロセスの開発にとって不可欠なツールとなります。

Crystal Nucleation and Growth

科学者や技術者は、プロセス中の過飽和レベルを注意深く調整することにより、晶析プロセスを制御できます。過飽和は晶析の核生成や成長の原動力であり、最終的な結晶粒度分布を絶対的に決定付けます。

Measure Crystal Size Distribution

インプロセスのプローブベース技術ではサンプリングや希釈を行なう必要がなく、原液濃度で粒度や形状の変化を追跡するために利用されます。粒子や結晶に生じる変化の速度や程度をリアルタイム追跡することで、晶析性能のプロセスパラメータを最適化できます。

晶析における種晶添加プロトコール

種晶添加は、晶析挙動の最適化における最も重要なステップの1つです。種晶添加戦略を設計する場合は、種晶サイズ、種晶の量(質量)、種晶添加温度などのパラメータを考慮する必要があります。これらのパラメータは、通常はプロセス速度と希望する最終的な粒子特性に基づいて最適化され、スケールアップや技術移転の際には一貫性を維持しなければなりません。

Oiling Out in Crystallization

Liquid-Liquid phase separation, or oiling out, is an often difficult to detect particle mechanism that can occur during crystallization processes. Learn more.

Particle Engineering and Wet Milling

乾式粉砕は大きな収率損失を引き起こす可能性があり、粉塵が発生することから健康や安全の危険も考えられます。これに対して、湿式粉砕は必要に応じて設計された粒度分布の粒子を製造することができます。微小な粒子の中の大きな一次結晶や凝集を破壊するために高せん断湿式粉砕が用いられることが現在一般的です。

貧溶媒の滴下による過飽和

貧溶媒晶析では、溶媒の滴下速度、滴下場所、攪拌が、容器やパイプライン内部での局所的過飽和に影響を与えます。科学者やエンジニアは、貧溶媒滴下プロトコルおよび過飽和度を調整することで結晶サイズと個数を変更しています。

温度が結晶のサイズと形状に与える影響

冷却プロファイルは、過飽和と晶析速度に大きな影響を与えます。最適な結晶の成長と核化のバランスが得られるように、結晶の表面積に合わせてプロセス温度を最適化します。高度な温度コントロールにより過飽和を制御することで結晶サイズや形状を変化させることができます。

温度が結晶サイズと形状に与える影響

晶析装置のスケールや混合条件を変更すると、晶析プロセスの反応速度や最終的な結晶サイズに直接影響を及ぼす可能性があります。 熱や物質移動の影響は、冷却システムおよび貧溶媒システムでそれぞれ考慮することが重要です。このようなシステムでは、温度や濃度勾配により過飽和度に不均等性が生じる可能性があるからです。

化学プロセス開発とスケールアップ

堅牢性が高く持続可能な化学プロセスを設計し、パイロットプラントおよび実生産へのスケールアップを迅速化

反応速度論解析

in situの反応速度論解析では、反応成分の濃度依存性をリアルタイムで示すことにより、反応機構と反応経路の理解を深めることができます。反応開始から終点までの連続的なデータを使用することで、より少ない実験回数で速度論解析を実施することができます。 RPKA(Reaction Progression Kinetics Analysis)では、いくつかの濃度でのin situデータを使用し、実験全体の情報を捕捉することで、完全な反応挙動を正確に記述できます。

関連文書

晶析温度制御についての関連文書

ホワイトペーパー

In Situ顕微鏡を使用した晶析工程の理解(日本語版)
In Situ顕微鏡により、晶析工程をありのままに観察し、綿密に理解できるようになります。新しく発行されたホワイトペーパーでは、業界をリードする化学企業各社が、より迅速に晶析過程を理解するために従来のオフライン法に代わるこの技術をどのように使用しているかをご紹介しています。
晶析と沈殿のガイド(日本語版)
このホワイトペーパーでは、晶析の基礎から優れた晶析工程を設計するために常識とされているガイドラインをご紹介します。次に産業および学術研究からの実例と文献を示し、晶析の重要なパラメーターである溶解度や過飽和度・結晶化速度などが、データに裏付けされた効率的な晶析工程の設計においていかに利用されているかを...
結晶粒度分布を制御する戦略(日本語版)
このホワイトペーパーでは、プロセス開発と製造において結晶粒度分布を最適化する戦略について説明します。
工業晶析プロセスの改善(日本語版)
このホワイトペーパーでは、工業晶析は分離と精製を行う重要なステップです。製品の品質と生産性を向上させるために、晶析を理解、最適化、制御する方法について解説しています。
晶析における種晶添加の新しい検討法(日本語版)
晶析における種晶添加の新しい検討法についてご紹介します。種晶添加条件を決定するための実験手法をご紹介するとともに、種晶添加プロトコルを導入する際に考慮すべきパラメータについて解説しています。
実験室から工場へ - バッチ晶析スケールアップガイド(日本語版)
晶析のリアルタイムモニタリングは、プロセス開発の迅速化とスケールアップの最適化に役立ちます。本稿では晶析工程をリアルタイムでモニタリングした事例を取り上げ、その利点を検証します。
晶析プロセスのベストプラクティス(日本語版)
このホワイトペーパーでは、重要な晶析パラメータである「温度プロファイル」、「添加速度」、「シードによる純度、ろ過率、バッチの再現性向上」を最適化するための成功事例でご紹介いたします。
化成品製造プロセスを最適化 粒度分布測定(日本語版)
このホワイトペーパーでは、粒度分析のアプローチの中から最も一般的なものをいくつかご紹介し、高品質な粒子製品を効果的に提供するための導入方法についてもご説明します。 オフライン式の粒度分布計とインラインの粒子測定装置を組み合わせることで、プロセスの最適化と改善が可能になったことは大きな意味を持ちます。...

ウェビナー

ウェビナー:連続晶析の PAT ベースの設計(バイオジェン社)
バイオジェン社では、PAT(プロセス分析技術)はバッチ晶析と同様に様々な連続プラグフローや MSMPR 晶析の迅速な評価を可能にする技術についせ解説します。
微小結晶の創出
結晶サイズ分布が後工程の仕様に適合しないほど大き過ぎる場合は結晶を粉砕処理する必要が発生します。晶析工程で微小な結晶をデザインすることで後工程の粉砕処理を避けることができ、収率を向上させ、エネルギー消費および粉砕がもたらす安全性の問題を低減することができます。このウェビナーでは、微小結晶を創出しつつ...
キャリブレーションフリーで過飽和を制御する
リアルタイムに過飽和をin-situ FT-IRのセンサーを使用して定量化する方法は度々文献においても定義されています。しかしながら、これらはよく構造推定や反応メカニズム解析には用いられていますが、晶析検討には組み込まれていないことが多いです。
貧溶媒晶析のスケールアップ最適化
METTLER TOLEDO 16th International Process Development Conferenceで賞を受賞したプレゼンテーションをご紹介します。このプレゼンは、PATツール(FBRM, PVM, ReactIR)と計算流体力学シミュレーションを用いたスケールアップ戦略...
結晶化と沈殿の改善
このウェビナーでは、結晶化と沈殿の課題を克服する方法をケーススタディ形式でご紹介します。さまざまな業界の製品開発プロセスで行われるこの重要なにおいて、結晶化と沈殿の困難な操作を理解し、最適化するためのガイドラインを提供します。

引用

Crystallization and Precipitation Citation List
Crystallization and precipitation citation list and publications

関連製品

晶析温度制御のテクノロジー

Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.