インライン粒度分布&形状分析 - 概要 - メトラー・トレド

    インライン粒度分布&形状分析

    ラボやプラントのためのリアルタイム粒子サイズ分析

    粒子システムおよび液滴システムの最適化とスケールアップは非常に困難なことで有名です。リアルタイム、In Situ粒子計測の分野において、メトラー・トレドの In Situ 粒度分布計 FBRM® と PVM® は世界的なリーダーとなっています。プロセスに実存する粒子のコード長分布(粒度分布)を測定することにより、粒子システムと液滴システムの理解、最適化および制御が劇的に容易になります。

    メトラー・トレドのLasentec FBRM
    Real Time Microscopy For Crystals, Particles and Droplets

    FBRM技術に基づくParticleTrack

    PVM 技術に基づく ParticleView

    FBRM技術(収束ビーム反射測定法)を用いて、プローブベースの機器を直接プロセス中に差し込んで、経時的な粒径と個数の変化を計測します。
    プローブベースのPVM技術による結晶、粒子、液滴のリアルタイム顕微鏡観察
    粒度と個数の測定
    粒子のサイズや個数などの変化をリアルタイムでモニタリングすることで、データに基づいたメソッドを利用し、プロセスを確実に理解、最適化、スケールアップすることができます。
    サンプリングなしで確認
    プロセス内に自然に存在する状態で粒度や個数に生じる変化を追跡することにより、高温や低温条件および圧力条件下でも安全かつ遅延なくプロセスを理解することができます。
    高い信頼性でプロセスを開発
    実験条件を変化させて粒度と個数を継続的に追跡することにより、プロセスを最適化し、目的に適した粒子を一貫して得ることができます。
    研究室と工場への実装
    製造プロセスをモニタリングすることで、予期していない問題をすばやく特定し、製造スケール全体で収集されたエビデンスを使用して改善することができます。
    粒子と液滴を理解する
    粒子、液滴、細胞、結晶への変化をすぐに視覚化できます。
    インライン測定
    リアルタイムのイメージは素早いプロセスの理解につながります。
    高解像度の顕微鏡画像
    不透明または半透明のサンプルの粒子においてもプロセス濃度下で特性評価できます。
    プロセスの変化をトラブルシュート
    プロセスのばらつきを検出し、製品品質を確保します。

    2001 年に Lasentec® を買収したメトラー・トレドは、In Situ粒子計測装置であるFBRM® と PVM® の開発を継続的に推進してきました。弊社のプローブベースのIn Situ粒子計測テクノロジーは、世界中の R&D ラボから製造プラントに至る数千箇所での設置実績を誇り、プロセスに実存する粒子システムと液滴システムの変化速度と変化度合いを測定、視覚化するための業界標準として広く認知されています。

     
     
     
     
     
     
     
    Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.